仲介手数料とは

仲介手数料とは、住宅の売買や賃貸借の取引の際、売主と買主の間に入って意見の調整や契約事務などを行う不動産会社(仲介会社)に支払う手数料のこと。 仲介手数料は、取引が成立した時点で支払う成功報酬で、物件の売却や購入の仲介を依頼したものの、契約が成立しなかった場合は、仲介手数料は請求されない。


その際に宅地建物取引士が重要事項説明を契約前に、するのですが、




宅地建物取引業による重要事項説明 編集
売買・賃貸ともに説明必要な事項
登記された権利の種類・内容、登記名義人、登記簿の表題部に記録された所有者の氏名
都市計画法、建築基準法その他の法令に基づく制限[3]
私道に関する負担等に関する事項(建物の賃貸借の場合は不要)
飲用水・ガス・電気の供給施設、排水施設の整備の状況(整備されていない場合はその整備の見通し及びその整備についての特別の負担に関する事項)
物件が工事の完了前のものであるときは、工事完了時における形状、構造等の事項(図面が必要な場合は図面を添付)
物件が宅地造成等規制法により指定された造成宅地防災区域内にあるときは、その旨
物件が土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律により指定された土砂災害警戒区域内にあるときは、その旨
物件が津波防災地域づくりに関する法律により指定された津波災害警戒区域内にあるときは、その旨
建物の石綿(アスベスト)使用調査の内容
建物(昭和56年6月1日以降に新築工事に着手したものを除く)が建築物の耐震改修の促進に関する法律に規定する耐震診断を受けたものであるときは、その内容
代金、交換差金及び借賃以外に授受される金銭の額及び授受の目的
契約の解除に関する事項
損害賠償額の予定または違約金に関する事項
支払金または預り金[4]を受け取る場合に保全措置を講ずるかどうか、及び講ずる場合の概要
代金又は交換差金に関する金銭の貸借の斡旋の内容及び斡旋に係る金銭の貸借が成立しないときの措置
宅建業者が保証協会の社員でない場合は、営業保証金を供託した主たる事務所の最寄りの供託所及びその所在地(35条の2)[5]
宅建業者が保証協会の社員である場合は、社員である旨、当該一般社団法人の名称、住所及び事務所の所在地並びに供託所及びその所在地(35条の2)

などなど
多岐に渡りますが、分かりやすくそして簡潔にをテーマに考えていきたいと思います。

さらには、JKから始める不動産投資、

さあ始まります

ほっとらいふ不動産

宮崎県都城市の不動産、ハウスメイトネットワーク ほっとらいふ不動産です!素敵物件から面白物件まで情報発信していきます!空室対策もお任せ下さい。 「本気の営業!本気のアドバイス!」ですべてはお客様の為に、お客様満足度、都城地域No.1の不動産を目指します。